FC2ブログ

今週のビルボード・アルバム・チャート(2020年6月6日付)

ラッパーのガンナ(26歳)が初登場1位になった。カッコ内は前週。


1( -) ガンナ「Wunna」  110,000枚

2( 3) リル・ベイビー「My Turn」  65,000枚

3( 1) フューチャー「 High Off Life」  61,000枚

4( -) The 1975「仮定形に関する注釈」  54,000枚

5( 3) ポロ・G「The Goat」  52,000枚

6( 4) ドレイク「Dark Lane Demo Tapes」  48,000枚

7( 5) ダベイビー「Blame It on Baby」  44,000枚

8( 7) ザ・ウィークエンド「After Hours」  38,000枚

9( 6) リル・ウージー・ヴァート「Eternal Atake」  37,000枚

10(8) ポスト・マローン「ハリウッズ・ブリーデイング」  37,000枚


1位のガンナはこれがセカンド・アルバム。3位のフューチャーを聴いて育った。110,000枚の売り上げで、定額制音楽ストリーミングによる見なし売り上げが106,000枚。ラップ・ファンはCDを買わない。

4位のThe 1975はイギリス出身の4人組ロック・バンド。このアルバムは先週、イギリスのアルバム・チャートで1位になった。

5位以下は8位を除いて全部ラッパー。8位のザ・ウイークエンドはカナダ出身のソウル・シンガー。





ブリトニー・スピアーズ、iTunesストアーで突然1位

ブリトニー・スピアーズの「ムード・リング」がiTunesストアーのシングル・チャートで、レディー・ガガ&アリアナ・グランデの「レイン・オン・ミー」を押しのけて、突然1位になった。

この曲は2016年に発売されたアルバム「グローリー」に、日本盤のみのボーナス・トラックとして収録されていたもの。1位獲得がレコード会社のマーケティングとプロモーションによるものかは現時点で定かではない。

ブリトニー・スピアーズも38歳になった。子供が二人いる。

20年前の2000年5月16日、ブリトニー・スピアーズのセカンド・アルバム「ウップス!...アイ・ディド・イット・アゲイン」が発売された。これで大ブレイクする。

音楽業界誌ビルボードによると、発売初週の売り上げは1,319,000枚で、女性ソロ・アーティストとしての新記録だった。当時ブリトニー・スピアーズはまだ18歳。この記録は15年間破られなかった。

この記録を破ったのがアデルの「25」で、発売初週の売り上げは3,338,000枚という驚異的な枚数だった。

ブリトニーの「ウップス!...アイ・ディド・イット・アゲイン」は最終的に920万枚を売り上げた。




The 1975、初登場1位に

イチキュー


毎週金曜日に出るイギリスのレコード売り上げランキング。イギリスのロック・バンド、The 1975のニュー・アルバム「仮定形に関する注釈」が初登場1位になった。

イギリス・マンチェスター出身の4人組オルタナ系ロック・バンド。2013年にアルバム・デビュー。2014年、イギリスの音楽誌NMEのアワードで「最悪バンド賞」を受賞。2016年には「最優秀バンド賞」にノミネートされた。2019年、イギリスのグラミー賞といわれるブリット賞で、「最優秀アルバム賞」と「最優秀グループ賞」を受賞した。

イギリスでは過去3枚のアルバムが、アルバム・チャートで全て1位なので、これで4枚目の1位という快挙になった。

サマーソニックで4回来日している。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";