FC2ブログ

イギリスのアルバム・チャート

ミューズ


毎週金曜日に出るイギリスのレコード売り上げランキング。アルバム・チャートでミューズの「シミュレーション・セオリー」が初登場1位になった。

1999年にアルバム・デビューした3人組ロック・バンド。ジャンルは重厚なゴシック・ロック。「シミュレーション・セオリー」は8枚目のスタジオ・アルバム。3枚目のアルバムから本作品まで、6枚のアルバムが全て、イギリスのアルバム・チャートで1位になった。

たびたび来日。昨年(2017年)は横浜アリーナでコンサートを開催した。






ユニバーサルミュージックの売却話

ユニバーサルミュージックが最大で50%の株を売却する為に、親会社のヴィヴェンディが15もの銀行をアドバイザーとして選んだと音楽業界サイト、ミュージック・ビジネス・ワールドワイドが伝えた。

7月末、ユニバーサルミュージックの株を50%、戦略的パートナーに売却すると親会社のヴィヴェンディが発表していた。ユニバーサルミュージックの2018年度の決算は来年(2019年)2月14日に出る。それまでにアドバイスをする銀行を5社から7社に絞り込むという。

戦略的パートナーとはどこなのだろう。ゴールドマン・サックスはユニバーサルミュージックの価値を2兆6000億円と見ている。1兆3000億円も出せる会社があるのだろうか。アップルだったら出せるかもしれない。しかしアップルが友好的戦略的パートーナーなのだろうか。また50%の株を1社ではなく複数の会社に売却するという話もある。

ミュージック・ビジネス・ワールドワイドはメディア関連への投資会社リバティメディアが有力じゃないかと伝えている。リバティメディアは衛星ラジオのシリウスやインターネット・ラジオのパンドラや興行会社ライブ・ネイションの主要株主でもある。



トランプ大統領、今年も欠席

ホワイトハウスは火曜日、トランプ大統領とメラニア夫人がホワイトハウスで行われるケネディ・センター名誉賞の授賞式に今年も出席しないと発表した。

アメリカの文化に貢献した芸術家に贈られるケネディ・センター名誉賞。今年はジャズのウェイン・ショーター、女性歌手のシェール、カントリー・シンガーのリーバ・マッキンタイア、作曲家のフィリップ・グラス、ミュージカル「ハミルトン」の脚本家で俳優のリン=マニュエル・ミランダに贈られる。

昨年(2017年)TVプロデューサーで脚本家のノーマン・リアは、賞はいただくが、トランプ大統領とメラニア夫人主催のホワイトハウスでの授賞式はボイコットすると決めていた。「芸術と人文科学を完全に無視し、意図的にそれを破棄した」人物とは付き合えないというのが理由だった。アフリカ系アメリカ人の女優で振付師のディ・ラヴァレードは、祝賀の為のコンサートには参加するがホワイトハウスには行かないと明言していた。ライオネル・リッチーも授賞式はボイコットするとしていた。これが理由かトランプとメラニアは授賞式やコンサートを欠席した。

アーティストからは全く不人気なトランプ大統領。授賞式は12月2日に行われる。



今週のビルボード・アルバム・チャート(2018年11月17日付)

ラッパーのメトロ・ブーミンが初登場1位になった。カッコ内は前週。


1( -) メトロ・ブーミン「Not All Heroes Wear Capes」  99,000枚

2( 2) サウンドトラック盤「スター誕生」  79,000枚

3(25) サウンドトラック盤「ボヘミアン・ラプソディー」  59,000枚

4 ( -) テイクオフ「The Last Rocket」  49,000枚

5( 7) ドレイク「スコーピオン」  45,000枚

6( 5) リル・ウエィン「Tha Carter V」  43,000枚

7( 6) リル・ベイビー&ガンナ「Drip Harder」  42,000枚

8( 9) トラヴィス・スコット「Astroworld」  40,000枚

9(154) クイーン「プラチナム・コレクション」  39,000枚

10(10) ポスト・マローン「ビアボングズ & ベントレーズ」  39,000枚


メトロ・ブーミン(25歳)はラップ業界では有名なプロデューサー。ミーゴス、フューチャー、コダック・ブラックやポスト・マローンを手がけている。99,000枚のうち実物のCDと有料アルバム・ダウンロードの合計は僅か5,000枚。あとは全て定額制音楽ストリーミングによるもの。ラップ・ファンはロック・ファンと違い、聴きたい音楽を手元に置かなくてもいい。

2位の「スター誕生」は12月6日のゴールデングローブ賞ノミネーションがどうなるか。レディー・ガガが「主演女優賞」にノミネートされるかもしれない。3位の「ボヘミアン・ラプソディー」は映画が絶好調。月曜日の北米の興行収入は2位だ。4位のテイクオフはラップ・トリオ、ミーゴスのメンバー。初のソロ・アルバム。5位から10位はクイーンを除いて全部ラップ。




マムフォード&サンズのニュー・アルバム「デルタ」

12日がアメリカの祝日(退役軍人の日)のためか、ビルボード誌のチャート発表は無かった。


マムフォード

今週の金曜日(11月17日)、イギリスのフォーク・ロック・バンド、マムフォード&サンズ3年振り4枚目のスタジオ・アルバムが発売になる。

2012年のアルバム「バベル」がビルボード・アルバム・チャートで1位を獲得し、2013年のグラミー賞で「最優秀アルバム賞」に輝いた。バンジョーの音色が心地よい。

アルバム発売に先駆けイベントをやる。発売日の前日(木曜日)、アトランタ、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンDC、トロントの映画館に、SNSで応募し当選したファンが招待され、アルバム全曲を聴ける。スクリーンにはナショナルジオグラフィックが撮影した天然自然の映像が流れる。

16日、アイルランドのダブリンからワールド・ツアーがスタートする。





プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";