ジェニファー・ロペス、スペイン語で新作

ジェニファー・ロペス
写真はジェニファー・ロペスのフェイスブックより

ジェニファー・ロペス(47歳)が初のスペイン語によるアルバムを制作中だと音楽業界誌ビルボードが伝えた。それによると、プロデューサーは元夫のマーク・アンソニー。アルバムからのシングルは「Ni tu ni yo」で、キューバの2人組ヘンテ・デ・ソナ(Gente de Zona)をフィーチャリングしている。ヘンテ・デ・ソナはレゲトンのキューバ版、クバトンとジャンルされる人気デュオ。

背景にはプエルトリコのポップ・シンガー、ルイス・フォンシ(39歳)とレゲトンのダディー・ヤンキー(40歳)が歌う「デスパシート」の大ヒットがある。スペイン語で歌われる曲がビルボード・シングル・チャートで1位になったのは1996年の「恋のマカレナ(ベイサイド・ボーイズ・リミックス)」以来、21年振り。ジャスティン・ビーバーをフィーチャリングしたリミックスで更に勢いがつき、今週のビルボード・シングル・チャートで8週連続の1位になった。

ジェニファー・ロペスはニューヨーク生まれだが、両親はプエルトリコの出身。元夫で今回のプロデューサーを務めるマーク・アンソニーの両親もプエルトリコ人。プエルトリコ人の母国語はスペイン語。「デスパシート」の大ヒットでリズムの効いたラテン音楽ブームが来ると予想したのだろう。ジェニファー・ロペスにとっては、2011年の「オン・ザ・フロアー」以来のヒットを狙う。

8週連続1位の「デスパシート」の音楽ビデオ





プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";