ビヨンセもラテン・ミュージックに参加

ビヨンセがヒット中(ビルボード・シングル・チャート19位)のJ・バルヴィン&ウィリー・ウィリアムの「ミ・ヘンテ(Mi Gente)」にリミックスで参加したと自身のインスタグラムに投稿した。「ミ・ヘンテ」はスペイン語で歌われている。

スペイン語で歌ったルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーの「デスパシート」はビルボード・シングル・チャートで16週間1位という歴代1位タイ記録を作ったばかりだ。YouTube使いが上手いジャスティン・ビーバーは、「デスパシート」がYouTubeで記録的な再生回数を見て、この曲にリミックスで参加した。

2曲とも、音楽ジャンルで言うと、レゲトンだ。レゲトンはプエルトリコの音楽(サルサ他)とジャマイカのレゲエから生まれた。レゲトンを含むラテン・ミュージックの多くはスペイン語で歌われる。そして単純で安上がりな映像だがYouTubeに強い。「デスパシート」はもうすぐ再生回数が40億回に達する。「ミ・ヘンテ」も、もうすぐ10億回だ。ビヨンセがどうして「ミ・ヘンテ」にリミックスで参加したかは定かでないが、コンサートと言う観点から見れば、ラテン(中南米)はビヨンセにとって重要な市場だ。

ビヨンセは「ミ・ヘンテ」のリミックスによるニュー・パージョンの収益は、プエルトリコやカリブ海諸島におけるハリケーン被災者やメキシコ地震の被災者を支援するチャリティに寄付をすると発表した。ビヨンセ効果は早速出た。最新のiTunesストアー・シングル・チャートで1位になった。

「ミ・ヘンテ」の公式ビデオ





プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";