シャナイア・トゥエイン、全英アルバム・チャートで初登場1位に

毎週金曜日に出るイギリスのレコード売り上げランキング。カントリー・ミュージックの女王、シャナイア・トゥエイン(52歳)の15年振りのアルバム「Now」がロック・グループのウルフ・アリスやピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアを押さえて、初登場1位になった。

1997年のアルバム「カム・オン・オーヴァー」でブレイク。このアルバムはアメリカ国内で2000万枚を売り、歴代売り上げ6位の記録を持つ。

1965年、オンタリオ州ウインザーの生まれ。母親がカナダ・インディアンと再婚。オンタリオ州の田舎町ティミンズで育つ。貧しい生活だった。22歳の時に両親が事故で他界。ホテルで歌い、妹や弟を育てた。1993年、アルバム「シャナイア・トゥエイン」でデビューする。「シャナイア」は義父のオジブワ族の言葉で「我が道を行く」という意味だという。

セカンド・アルバムのプロデューサーにAC/DCやデフ・レパードといったハード・ロックを手がけるロバート・ジョン・"マット"・ランジを起用。カントリー・ミュージック界が大騒ぎになった。その後二人は結婚する。グラミー賞は5回受賞した。

余談だが、当ブログの筆者はシャナイアが育ったティミンズにいた事がある。大学のときにティミンズの金鉱山で実習していた。北米でも有名な金鉱山だった。卒業後CBSソニー(現ソニーミュージック)に勤めるが、アメリカの音楽業界人と話す時に、「私はティミンズにいた。金鉱山もレコードも一発当たったら大儲け」というとやたらに受けた。それに加え、アメリカの音楽業界人は全員がカナダの田舎町ティミンズを知っていた。シャナイア・トゥエインが育った町だからだ。金の大きな塊をボナンザという。昔あったTV番組のタイトルにもなっている。鉱山用語で言うとボナンザは「富鉱体」だ。一発あたったら死ぬまで食える。

ナウナウ
シャナイア・トゥエイン

ユニバーサル ミュージック 2017-09-28
売り上げランキング : 2349

Amazonで詳しく見る
by G-Tools







プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";