映画「ピーターラビット」

北米で明日(2月9日)、映画「ピーターラビット」が公開される。

原作はイギリスの女性絵本作家ビアトリクス・ポターが19世紀の初頭に出版したピーターラビット(Peter Rabbit)。うさぎのピーターが主役。絵本は全世界でヒットし、日本では福音館書店から発売されている。

ソニーピクチャーズのコロンビア映画が権利を獲得した。監督はウィル・グラック。「小悪魔はなぜモテる?」や「ANNIE/アニー」のヒットがある。映画は初の実写化。動物達(物凄い数)はCGで描かれ、人間は実写だ。主人公のピーターラビットは、「ほのぼの」ではなく「ヤンチャ」だ。アメリカでも賛否両論。ソニーピクチャーズでは「ジュマンジ」に続く大ヒットになると予想する業界関係者もいる。そうなったら続編は何作でも作れる。ピーターの声優には相乗りカラオケでお馴染みのジェームズ・コーデンが抜擢された。

予告編にはロック・バンド、ポルトガル・ザ・マンの「フィール・イット・スティル(Feel It Still)」が使われている。原曲は57年前の1961年に大ヒットしたマーベレッツの「プリーズ・ミスター・ポストマン」。ヤンチャなピーター・ラビットにはよく似合う。








プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";