マイケル・ジャクソンの盗作騒ぎ

マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」がドナ・サマーの「ステイト・オブ・インディペンデンス」の盗作だとプロデューサーのクインシー・ジョーンズがインタビューで暴言。インタビューが掲載された日と翌日の二日間で、オンデマンドのストリーミングが15万回を超えた。その前の二日間は2000回にも満たなかった(ニールセン・ミュージック調べ)。反応は大きい。

クインシー・ジョーンズ曰く、マイケル・ジャクソンは多くの曲を盗んだという。「ビリー・ジーン」は「ステイト・オブ・インディペンデンス」のリフを盗んだという。しかし両曲共にプロデューサーはクインシー・ジョーンズだ。ならばマイケル・ジャクソンの録音時、何か言ってしかるべきだろう。ちなみに「ビリー・ジーン」でドラムスを叩いていたレオン・チャンクラーは2月3日、癌で亡くなった。

「ステイト・オブ・インディペンデンス」の作詞作曲家はプログレ・バンドのイエスのジョン・アンダーソンとヴァンゲリス。ドナ・サマーはカバーだ。ヴァンゲリスは映画「炎のランナー」で第54回アカデミー賞作曲賞を受賞した。その後リドリー・スコット監督の映画「ブレードランナー」の音楽を担当した。ジョン・アンダーソンとヴァンゲリスが盗作だと言ってるわけではない。クインシーは大丈夫なのだろうか。同インタビューで、「ビートルズは最悪。ポール・マッカートニーは最低なベーシスト。リンゴは話にならない」と暴言している。84歳のクインシー・ジョーンズに妄想と虚言癖が始まっているという業界関係者もいる。





プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";