FC2ブログ

シカゴの「ルック・アウェイ」

1988年にビルボード・シングル・チャートで1位になったシカゴの「ルック・アウェイ」。曲を書いたのは超売れっ子女性作家のダイアン・ウォーレン。

イギリスのブレンダン・グリーヴズという男性がダイアン・ウォーレンを訴えた。ゴシップ・サイトのTMZが伝えている。訴状によると、ブレンダン・グリーヴズが1987年、14歳の時に「全国学校音楽制作競技会」の為に書いたもので、EMIレコードがスポンサーだったという。

最近は盗作騒ぎが多いが、このケースは31年前の話。ダイアン・ウォーレンに22億円を払えと訴えている。ブレンダン・グリーヴズはイギリスの田舎町に住んでいて、シカゴのヒットを全く知らなかったそうだ。最近シカゴの曲を聴いて、自分が31年前に書いた曲と一緒だと気づいたという。

こんな訴訟、引き受ける弁護士はいるのだろうか。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";