FC2ブログ

マイケル・ジャクソンとドレイク

先週の金曜日、定額制音楽ストリーミング・サービス向けに発表されたドレイクのニュー・アルバム「スコーピオン」が大変な事になっている。ラジオ業界誌ヒッツは発売初週で見なし売り上げが72.5万~75万枚だろうと予測している。とりあえず今年最大のヒット・アルバムとなる。

このアルバムにマイケル・ジャクソンがフィーチャリングされている。曲は「Don’t Matter To Me」で、作家クレジットにマイケル・ジャクソンとポール・アンカが加えられている。となれば、アルバム「スリラー」が発売された翌年の1983年にポール・アンカとマイケル・ジャクソンはスタジオに入っている。この未発表曲をどうやってドレイクが見つけられたか。

ドレイクがマイケル・ジャクソンの遺産管理団体の代表者ジョン・ブランカに頼んだのかもしれない。ドレイクもフィーチャリングにビッグ・ネームが欲しい。マイケル・ジャクソン側のジョン・ブランカはドレイクが定額制音楽ストリーミングで強い事を知っている。若い音楽ファンがマイケル・ジャクソンを知らなくても、スーパー・ラッパーのドレイクなら若い音楽ファンを捕まえられる。そしてストリーミングでマイケル・ジャクソン自身の曲も稼げる。

アメリカ時間の今日(9日)、この曲は全米のラジオ局に配布される。


プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";