FC2ブログ

ビートルズの原盤をTVドラマで使用したら

アメリカで大人気TV番組の「マッドメン」が、シーズン5の第8話「Lady Lazarus」でビートルズの原盤「トゥモロー・ネバー・ノウズ」を使ったといってTV業界や音楽業界の関係者が驚いている。経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルや有力紙ニューヨーク・タイムズ他多くのメディアが伝えている。

「マッドメン」はアメリカでケーブル・チャンネルのAMCネットワークスが放送している。1960年代のニューヨークの広告業界が舞台だ。「Mad Men」とは大手広告代理店のオフィスがひしめくニューヨークのマディソン・アヴェニュー(Madison Avenue)の男達という意味だ。1960年代のヴェトナム戦争を含む時代の社会風景を克明に反映しているドラマ。広告代理店「スターリング・クーパー」のクリエイティブ・ディレクター、ドン・ドレイパーが主人公だ。アメリカでは毎週日曜日の夜10時から放送されている。

シーズン1は2007年7月にスタート。翌年の2008年、映画の「アカデミー賞」、音楽の「グラミー賞」と並ぶアメリカの3大エンターテイメント賞であるTVの「エミー賞」で最も重要なドラマ部門の「作品賞」を受賞。翌2009年から昨年(2011年)まで都合4年間連続で「作品賞」を受賞した。アメリカのドラマ番組の新時代を切り開いた。日本とは全く違うが、アメリカでは「時代劇」のジャンルになる。

待望のシーズン5は今年(2012年)の3月25日からスタート、日曜日5月6日の第8話でビートルズの「トゥモロー・ネバー・ノウズ」を番組で使った。時代はベトナムへの北爆が始まってアメリカが泥沼の戦争に突入する。番組のエンディングで主人公のドン・ドレイパーは椅子を引き、ビートルズのLP「リボルバー」を取り出し「トゥモロー・ネバー・ノウズ」を聴き始める。

アルバム「リボルバー」は1966年ビルボード・アルバム・チャートの1位になった。1966年を代表するアルバム。番組のプロデューサー、マシュー・ワイナーはインタビューに、「今までいつも番組に何かが欠けているという感じがあった。そう、ビートルズのレコードを使った事がないんだ。20世紀を代表するバンドの。誰かがレノン-マッカートニーの曲を歌ってもダメなんだ。時代の信憑性が証明できない」と語った。

マシュー・ワイナーは数年前からドラマ「マッドメン」にビートルズのレコードを使いたかったという。今回の第8話で「トゥモロー・ネバー・ノウズ」1曲1回だけの使用で権利者に払ったお金は2000万円(1$80円換算)。原盤を保有するEMIミュージックと著作権を管理するソニーATV音楽出版に払う。EMIミュージックは4人のミュージシャン、ジョン・レノン(オノ・ヨーコ)、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターとジョージ・ハリソン(オリビア・ハリソン)にアーティスト印税を払う(生きている4人とそれぞれ契約書が交わされた)。映像と曲を同期したというシンクロ・フィーからソニーATV音楽出版はジョン・レノン(オノ・ヨーコ)とポール・マッカートニーに著作権印税を支払う。

各種業界誌によればこの2000万円の使用料は過去最高の金額になるそうだ。

日本と違ってアメリカではテレビの番組で曲を使用する場合作詞作曲者の許諾を得なければならない。勝手に使えない。許諾料は「指し値」なので、番組制作者と作詞作曲家とで金額が話し合われる。TV番組「グリー」が大変なのは毎回高校生が歌う曲を作詞作曲家から許諾を取り付けること。作家によってはあの番組が嫌いだとか許諾料が安すぎるとして断られる場合も多々ある。番組でレコードを使うとなると原盤の2次使用料の支払いも発生する。EMIミュージックとアップルはアメリカではTV番組にビートルズのレコード(音源)の使用を認めなかった。今回2000万円の著作権と原盤権の取り分は明らかにされなかった。

とにかくアメリカのTV番組で音楽を使うのは事前の「許諾」が無ければ100%成立しない。では日本ではどうか。例えば「なんでも鑑定団」はビートルズの「ヘルプ」を使っている。アメリカの業界人が見たら卒倒するだろう。テレビ東京は権利者にどれだけ巨額な使用料を払ったかと。答えはタダではないが、大変小さい金額になる。数えられないかもしれないが。

日本のテレビ局は番組で曲を使いたい場合勝手に使える。音楽著作権を管理する団体JASRACと放送局(放送事業者)が包括契約を結んでいる為だ。テレビ局は同様に日本レコード協会と原盤の2次使用について包括契約を結んでいる。但し番組がDVD等で販売されるとこの包括契約は適用されない。もし「なんでも鑑定団」がビートルズの「ヘルプ」を使って番組のDVDを発売したら、訴訟され天文学的な賠償金を請求されるだろう。

そういう意味では日本の放送局は守られている。しかし今後外圧がかかって、国内盤は知らないが海外の音楽著作物にはそれ相当の使用料を払って貰おうという動き(可能性は限りなく小さいが)が海外から出るかもしれない。

視聴率調査会社ニールセンによると「マッドメン」は18歳~49歳の年齢層で毎週250万人前後が視聴しているという。日本ではフジ・テレビが放送している。

TVコマーシャルでの楽曲使用はまた別物で、過去にマイクロソフトがローリング・ストーンズの「スタート・ミー・アップ」をウィンドウズのコマーシャルで使用するときの金額は(噂で)日本円で約12億円だった。



リボルバーリボルバー
ザ・ビートルズ

EMIミュージックジャパン 2009-09-09
売り上げランキング : 60845

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マッドメン シーズン4 【ノーカット完全版】 DVD-BOXマッドメン シーズン4 【ノーカット完全版】 DVD-BOX
マシュー・ワイナー

ポニーキャニオン 2011-10-19
売り上げランキング : 28533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";