ユダヤ系アーティストのベスト10

音楽業界紙ビルボードが、ユダヤ教の年中行事の一つのハヌカーにあわせて、ユダヤ系アーティストのベスト30を、11月27日に発表した。ランキングは、1958年からスタートしたビルボードのシングル・チャートのポイントを集計して作成した。以下がベスト30中のベスト10アーティスト。


1位) ビリー・ジョエル

2位) ニール・ダイアモンド

3位) バーブラ・ストライサンド

4位) ピンク

5位) バリー・マニロウ

6位) ポーラ・アブドゥル

7位) ニール・セダカ

8位) アダム・レヴィーン(マルーン5)

9位) マイケル・ボルトン

10位)サイモン&ガーファンクル


ユダヤ系アーティストは音楽界や映画界に多い。2位のニール・ダイアモンドの大ヒット曲「スウィート・キャロライン」はケネディ大統領の娘で現駐日大使のキャロライン・ケネディを歌ったものだった。ニール・セダカは50年代末から60年代にかけて大活躍した。多くの邦楽アーティストが彼のヒット曲「カレンダー・ガール」や「すてきな16才」、「ボーイハント」他をカバーした。ヒット曲「おおキャロル」はキャロル・キングを歌ったもの。ちなみにキャロル・キングは21位、シングル・ヒットが少ないボブ・ディランは25位だった。


テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR