ゴーストライター

エアロスミスのリード・ギタリスト、ジョー・ペリーが自伝本を書き始めたとツィッターで発信して2年。自伝本「Rocks: My Life in and out of Aerosmith」は今年(2014年)10月7日の発売が決まった。

エアロスミスはドラムスのジョーイ・クレマーが2009年に自伝本「Hit Hard:A Story Of Hitting Rock Bottom At The Top」を出版していて、ボーカルのスティーヴン・タイラーも2011年に自伝本「Does the Noise in My Head Bother You?」を出版。この日本版である「スティーヴン・タイラー自伝」は翌2012年2月に発売された。またベースのトム・ハミルトンも執筆中だそうだ。

ロック・スターの自伝本は流行だ。ボブ・ディランの「ボブ・ディラン自伝」やローリング・ストーンズのキース・リチャーズの「ライフ」。元ヴァン・ヘイレンのボーカル、サミー・ヘイガーの「レッド:マイ・アンセンサード・ライフ・イン・ロック/Red:My Uncensored in Rock」やAC/DCのボーカル、ブライアン・ジョンソンの「ロッカーズ・アンド・ローラーズ:フル・スロットル自伝/Rockers and Rollers:A Full-Throttle Memoir」もある。

オールマン・ブラザーズ・バンドのフロントマン、グレッグ・オールマンも自伝本「My Cross to Bear」を2012年に発売したし、ザ・フーのピート・タウンゼントの自伝本「ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム」は昨年(2013年)の8月に出版された。ロック・スターの自伝本で最も売れたのはキース・リチャーズの「ライフ」で、批評家からの評価が最も高かったのは「ボブ・ディラン自伝」だった。この自伝は新聞ニューヨーク・タイムズの書籍チャートの、ノンフィクションのハードカバー部門で19週間ランク・インした。

作家の代理人であるサラ・レイジンによれば、ロック・スターの自伝本の流行は、「出版業界の売上が落ちている。手っ取り早くベスト・セラー本を出すのには、既にファンが多くついている音楽系のスーパースター、特に波瀾万丈のロック・ミュージシャンが一番いい」という事だそうだ。

ところでロック・スターは自らタイプライターやパソコンを叩くのか。勿論基本的には本人が書くのだろうが。以前業界誌ハリウッド・レポーターが報じたところによれば、アーティストへの詳細なインタビューで原稿を書き上げるプロの「ゴーストライター」がいる。ゴーストライターの1冊分のギャラは最低で250万円、最高で2000万円。普通は750万円から1000万円が相場だそうだ(1$100円換算)。どのアーティストがゴースト・ライターを使っているかは明らかにしなかった。



スティーヴン・タイラー自伝スティーヴン・タイラー自伝
スティーヴン・タイラー Steven Tyler

ヤマハミュージックメディア 2012-02-23
売り上げランキング : 337102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボブ・ディラン自伝ボブ・ディラン自伝
ボブ・ディラン 菅野 ヘッケル

ソフトバンククリエイティブ 2005-07-16
売り上げランキング : 66932

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アムピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム
ピート・タウンゼンド 森田 義信

河出書房新社 2013-08-27
売り上げランキング : 74686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR