IFPI(国際レコード産業連盟)の年次デジタル・ミュージック報告書2014

昨日(3月18日)、ロンドンでIFPI(国際レコード産業連盟)による2013年の年次デジタル・ミュージック報告書が発表された。それによると全世界のレコード産業の売り上げは対前年比で3.9%ダウンした。主な原因は日本の売り上げが対前年比で16.7%もダウンしたからだ。日本を除くと、各国共にほぼフラットで、トータルで0.1%のダウンだった。

アメリカでの売り上げは0.5%のアップ。ヨーロッパの主要5ヶ国(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ)では0.6%のアップで、12年振りに前年を超えた。

全世界での音源の2次使用によるストリーミング・サービスの売り上げは対前年比で19%アップした。レコード売り上げの7.4%を占めるまでにいたった。スポティファイ等の定額制配信サービスは対前年で51.3%アップした。iTunes等でのデジタル・ダウンロード売り上げは2.1%ダウンした。

実物のCD等の売り上げは対前年比で11.7%ダウンした。とはいいながら、主要国では売り上げの51.4%を占める(前年は56%だった)。実物のCD売り上げが伸びた国はフランスで、フランス国内アーティストの売り上げ貢献で0.8%アップした。

IFPIは日本の不振を、「実物のCD売り上げに固執して、デジタル・ビジネスでの合意を得るのにもがいている」と指摘した。日本だけがストリーミング・サービスや定額制音楽配信サービスのビジネスが確立されていないとも報告書に書いた。


テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR