ローリング・ストーンズの公演延期

ミック・ジャガーの恋人で、ファッション・デザイナーのローレン・スコットが死去した為、ローリング・ストーンズはオーストラリア/ニュージーランド公演を無期延期した。音楽業界誌ビルボードは、キャンセルして延期した事による損害は大きいが、ある部分は保険で支払われるだろうという。

以下のスケジュールが組まれていた。

3月19日 パース

3月22日 アデレード

3月25日 シドニー

3月28日 メルボルン

3月30日 ウッドエンド

4月 2日 ブリスベーン

4月 5日 オークランド(ニュージーランド)

ローレン・スコットが亡くなったのが17日。ストーンズが延期を発表したのが公演の前日の18日。業界用語でいえばまさしく「ドタキャン」、ドタンバでのキャンセルである。

ビルボード誌によると、(主催者との契約書の中には)、バンドはメンバーの病気や事故や死亡でコンサートをキャンセルする事が出来る。場合によってはメンバーの子供や両親が同様な状態になった場合もキャンセルが出来るという事もあるそうだ。勿論これらには保険がかけられる。しかし今回の場合はガールフレンド。ガールフレンドの死で公演を(延期するとはいえ)キャンセルする事は難しいとビルボード誌は見る。ローリング・ストーンズ級の大きなツアーにはいくつもの保険がかけられているという。延期とはいえ今回のキャンセルで出る損害についてはある部分ミック・ジャガー自身が負担する事になるのかもしれない。

主催者のマイケル・ガデンスキーによれば、チケットは15万枚売れ、40億円の売り上げだという。今回のキャンセルで公演は10月と11月への延期が予定されている。


テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR