インターネット・ラジオ「パンドラ」と衛星ラジオ「シリウスXM」の売り上げ

日本では全く想像できないが、アメリカではインターネット・ラジオや衛星ラジオの売り上げが好調だ。ラジオ業界誌FMQB他が伝えた。

それによるとインターネット・ラジオのパンドラの、2014年第一四半期(1~3月)の売り上げは、対前年で69%もアップして194億円となった(1$100円換算)。大半が広告収入だ。アクティブ・リスナーは昨年の同時期に比べて8%伸びて、7530万人になった。アメリカ人の4人に1人がよく聴いている事になる。しかし縮小したとはいえまだ29億円の赤字だ。

衛星ラジオのシリウスXMの第一四半期の売り上げも、昨年の同時期に比べて11%伸びて、998億円になった。有料会員は2580万人だそうだ。主なリスナーは車のドライバーだ。2013年3月時点でチャンネルが130もある。

アメリカでどのインターネット・ラジオが聴かれているかの最近の調査ではパンドラが圧勝だった。アメリカの音楽業界人は、これからのレコード会社の収入は実物のCDに加え、勢いが止まったiTunesに代表されるダウンロード売り上げをカバーするべく、インターネット・ラジオや衛星ラジオやスポティファイの様な定額制ストリーミング・サービスからの収入に期待する。

ちなみにこの第一四半期でパンドラは、売り上げの55.7%に相当する108億円をレコード会社や音楽出版社(取り分は非常に小さい)やアーティストに払った。しかし投資家達の目は厳しい。決算を発表した翌日の金曜日、パンドラの株価は16.63%も急落、23.51ドルで引けた。約1ヶ月前の3月5日につけた高値(39.43ドル)から40%もダウンしている。スマートフォンからの聴取が大きく伸びているが、投資家は利益を生まない企業には厳しいし、アップルのインターネット・ラジオiTunes Radioにやられるかもしれないと見ている。ちなみにシリウスの株価は3ドル台なので、投資家達からすると、成長する企業とは見られていない。


パンドラ

シリウス



テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR