音楽オーデション番組の終焉か

アメリカの2大音楽オーデション番組の視聴率が下降している。このままでは番組が無くなるのではないかとAP通信が伝えた。

それによると今週の水曜日(5月21日)が最終日だったアメリカン・アイドルのシーズン13。平均視聴者数は1010万人だった。しかし過去の最終日の視聴者数は以下だ。

2013年 1430万人
2012年 2150万人
2011年 2930万人

ピーク時の2006年には実に3640万人が番組を観た。TVアナリストのブラッド・アドゲイトによれば、「観る感覚が変わった。特に若い視聴者は(飽きて)、次に来る新しい形態の番組を探している」とコメントした。

アメリカン・アイドルやXファクターに続けとNBCテレビが力を入れた音楽オーデション番組「ボイス」。2011年にスタート。最近は年に2回やっている。しかし視聴者の減少は否めない。最終日の木曜日(5月22日)の視聴者はアメリカン・アイドルの最終日を抜いて1170万人だった。しかし減少している。以下が最近の過去の視聴者数だ。

2013年冬 1400万人
2013年春 1560万人

NBCテレビの上級幹部であるジェフ・ベイダーは、「観ている人達がこのような番組に興味を失っていると推測出来る」とコメントした。しかしNBCは今後も番組を続け、秋のシーズンには審査員を、シャキーラとシーロー・グリーンからグウェン・ステファニー(ノー・ダウト)とファレル・ウィリアムスに変えるようだ。まだ審査員の変更で視聴率を維持できるとみる。秋にあったライバルの「Xファクター」が無くなったのもNBCにとっては強気のようだ。

これらのオーデション番組がこの先どうなるのかわ分からないが、
番組からのスーパー・スターは全く生まれなくなった。


プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR