ジェニファー・ロペスFIFA突然のキャンセル

今週の木曜日6月12日、ワールドカップの開会式で公式ソング「ウィー・アー・ワン(オーレ、オーラ)」を歌う予定のジェニファー・ロペス。FIFAの事務局が日曜日、ジェニファー・ロペスが「制作上の都合」で当日のパフォーマンスをキャンセルすると発表した。AP通信が伝えた。

理由は明らかにされていない。公式ソング「ウィー・アー・ワン(オーレ、オーラ)」の評判は良くなかった。理由はブラジルで開催されるのに何故アメリカのマイアミ出身のピットブルとニューヨーク出身のジェニファー・ロペスがメインで、英語とスペイン語で歌い、ブラジルの人気女性シンガー、クラウディア・レイチはほんの少しブラジルの言語のポルトガル語でフィーチャリングされているだけ。しかしFIFAとしてはブラジルよりも全世界でヒットして売上金が入って来るほうがいい。

IFPI(国際レコード産業連盟)によるとブラジルは世界で8番目の音楽国。しかしシングル・ヒット曲の90%はブラジルのアーティストによるもので、ほとんどがポルトガル語で歌われている。だからピットブルとジェニファー・ロペスじゃ売れないと音楽業界誌ビルボードは予想していた。売れる売れないはともかく、ピットブルはラップを担当していて、メロディーはジェニファー・ロペスが歌っている。今から代役を立てるのは難しくない。南アフリカ大会で公式ソングを歌ったシャキーラなら満点。ポルトガル語が堪能。アーティストとしてフェイスブックのファン数は世界で1位だ。

いずれにせよピットブル他誰かが6月12日、開会式が行われるサンパウロのアレーナ・デ・サンパウロで公式ソング「ウィー・アー・ワン(オーレ、オーラ)」を歌う。ちなみに閉会式ではサンタナが演奏する。


プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR