イギリス版「Xファクター」が始まった

イギリスの人気音楽オーデション番組「Xファクター」のシーズン11が土曜日(8月30日)に始まった。ワン・ダイレクションを生んだ番組。視聴率は好調のようだ。業界誌ハリウッド・レポーターが伝えた。好調の要因はやはりプロデューサー、サイモン・コーウェルの審査員復帰のようだ。以下が近年の初日の平均視聴者数。

2010年(シーズン 7) 1110万人
2011年(シーズン 8) 1130万人
2012年(シーズン 9)  870万人
2013年(シーズン10)  920万人
2014年(シーズン11)  950万人

毒舌のサイモン・コーウェルはアメリカ版「Xファクター」立ち上げの為、シーズン7で審査員を降りた。しかしアメリカ版はうまく行かず、昨年暮れで放送終了が決まった。今回の復帰は、二股はやめて、元祖イギリス版に集中するという事だ。サイモン・コーウェルに加え新たに審査員としてスパイス・ガールズのメラニー・ブラウンとガールズ・アラウドのシェリル・コールが参加した。オジー・オズボーンの妻シャロン・オズボーンとプッシーキャット・ドールズのニコール・シャージンガーは降板した。

シーズン9やシーズン10に比べて多少はいいが、シーズン7や8に比べると見劣りする。しかしハリウッド・レポーター誌によると、イギリスの土曜日の夜の平均視聴者数は、2位のBBC「Doctor Who」に430万人の差をつけてダントツの1位だったという。

ワン・ダイレクションが3位になったのは2010年のシーズン7だった。


プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR