U2タダ・アルバムの反響

アップルが9日に発表した、U2のニュー・アルバムの無料ダウンロードの反響。

経済情報通信のブルームバーグは一般人の声として
「U2って誰? 1回も聴いた事ない。 どうして私のiPhoneの中で彼等の曲が出てくるの」

音楽業界誌ビルボード
「商品としてのアルバム発売日は10月14日なので、来年のグラミー賞の対象にはならない。グラミー賞の規定では、発売の締め切りは9月末」

ラジオ業界誌ヒッツ
「最後に大もうけするのは、興行会社ライブ・ネイションとマネージャーのガイ・オセアリー。ワールド・スタジアム・ツアーが始まる」 ガイ・オセアリーは元マドンナのマネージャー。

音楽業界誌ビルボード
「小売店と話したところ、当初彼等はアルバム「Songs of Innocence」の発売初週は45万から50万枚は行くだろうとみていたが、今では15万枚程度だろうという」

ニューヨーク・タイムズ紙
「U2にとっては過去の作品(バック・カタログ)を売る事が大変重要なビジネス。前作「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン」はまだ100万枚程度だ」 ちなみにiTunesは発表後に過去の作品を5.99ドル~7.99ドルで安売り。業界誌ヒッツによれば、iTunesアルバム・チャートで「ヨシュア・トゥリー」が16位、「ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ」のデラックス盤が28位、通常盤が34位、「アクトン・ベイビー」が32位、「魂の叫び」が40位になった。

ラジオ業界誌FMQB
「U2は既に次のアルバムをたくらみ中」


プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR