バーブラ・ストライサンドのデュエット・アルバム

明日(9月16日)、アメリカでバーブラ・ストライサンド(72歳)のデュエット・アルバム「パートナーズ」が発売になる。スタンダード・ナンバーを含む彼女のヒット曲をデュエットした。秋の夜長にピッタリのアルバム。米アマゾンのアルバム・チャートで1位を独走中。

1:「もしあなただったら(It Had To Be You)」  マイケル・ブーブレ
  作詞:ガス・カーン/作曲:アイシャム・ジョーンズ([1924年)

2:「ピープル(People)」  スティーヴィー・ワンダー
  作詞:ボブ・メリル/作曲:ジュール・スタイン(1964年)

3:「降っても晴れても(Come Rain or Come Shine)」  ジョン・メイヤー
  作詞:ジョニー・マーサー/作曲:ハロルド・アーレン(1946年)

4:「エバーグリーン(Evergreen)」  ベイビーフェイス
  作詞:ポール・ ウィリアムズ/作曲:バーブラ・ストライサンド(1976年)

5:「ニューヨークの想い(New York State of Mind)」  ビリー・ジョエル
  作詞・作曲:ビリー・ジョエル(1976年)

6:「アイド・ウォント・イット・トゥ・ビー・ユー(I'd Want It to Be You)」  ブレイク・シェルトン
  作詞・作曲:スティーヴ・ドーフ/ジェイ・ランダース/ボビー・トムバーリン(2014年)

7:「追憶(The Way We Were)」  ライオネル・リッチー
  作詞:アラン・バーグマン&マリリン・バーグマン/作曲:マーヴィン・ハムリッシュ(1974年)

8:「アイ・スティル・キャン・シー・ユア・フェイス(I Still Can See Your Face)」  アンドレア・ボチェッリ
  作詞作曲者:不詳

9:「愛は海より深く(How Deep Is The Ocean)」  ジェイソン・グールド
  作詞・作曲:アーヴィング・バーリン(1932年)

10:「ホワット・カインド・オブ・フール(What Kind Of Fool)」  ジョン・レジェンド
  作詞・作曲:バリー・ギブ/アルビー・ガルテン(1981年)

11:「サムウェア(Somewhere)」  ジョシュ・グローバン
  作詞:ステファン・ソンドハイム/作曲:レナード・バーンスタイン(1957年)

12:「ラヴ・ミー・テンダー(Love Me Tender)」  エルヴィス・プレスリー
  作詞・作曲:エルヴィス・プレスリー/ヴェラ・マトソン(1956年)

ビリー・ジョエルやライオネル・リッチーやアンドレア・ボチェッリで盛りだくさん。息子のジェイソン・グールドとも始めてデュエットした。話題はプレスリーとのデュエット。バーブラの歌頭からのボーカル。新鮮な感じでラヴ・ミー・テンダーがよみがえる。


Partners (Deluxe)Partners (Deluxe)
Barbra Streisand

Columbia 2014-09-16
売り上げランキング : 654

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR