U2のアルバム・ダウンロード枚数

iPhone6の「景品」として、5億人のiTunes会員に無料で提供されたU2のニュー・アルバム「ソングス・オブ・イノセンス」。サービス開始後1ヶ月、何人がダウンロードしたかを、アップルのインターネット・ソフトウェア&サービス担当上級副社長であるエディー・キューが音楽業界誌ビルボードに明らかにした。

それによるとサービス開始から1ヶ月間で、2千6百万回ダウンロードされたという。単純に計算すれば会員の5.2%だ。これが多いか少ないか。今時アルバムを実物のCDも含め2千6百万枚を売るというのは不可能。無料だから出来た事。

有料のアルバム「ソングス・オブ・イノセンス」は10月14日に発売される。10曲のボーナス・トラックが付く。6曲はソングス・オブ・イノセンス中のアコースティック・バージョンで未発表曲は4曲だ。どのくらい売れるのだろう。ビルボード誌は以前、無料ダウンロード・サービスがあっても、15万枚位は売れるだろうと予測した。ジェイ・Zがサムソンのスマートフォン用にアルバム「マグナ・カルタ...ホーリー・グレイル」を5日間だけ無料ダウンロードを行った。それによって有料のアルバムが食われるとの予測もあったが、有料のアルバムは発売初週で528,000枚を売り上げた。

U2はどうか。ビルボード誌は実物のCDは予約で70,000枚になるだろうと報じた。以前の予測15万枚の半分だ。無料で2千6百万枚売れたのなら有料でダウンロードする人はいない。売り上げの速報は10月16日には出る。以外に30cmのLP(ビニール)が売れるかも知れない。

エディー・キュー氏はまた、iTunes Radioやビーツ・ミュージックのストリーミングを加えると8千1百万人がアルバムにアクセスしたともビルボード誌に語った。今時無料なら、YouTubeで1億回を越すのは簡単ではないがむずかしくもない。U2はビルボード誌に、「アップルはミュージシャンにお金を払ってくれる為に闘っている技術の会社」とコメントした。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";