ボーイ・バンドのセールス比較

音楽業界誌ビルボードが興味深い表を作成した。先週ワン・ダイレクションがアルバム・チャートで、デビューから4作品全てが初登場1位という大記録を打ち立てた。それがどのくらい凄いのか。代表的なボーイ・バンドのアルバムで、発売初週のセールスを比較した。


ボーイ・バンド

単純に比較は出来ない。1990年代末はまだレコードが売れていた。バックストリート・ボーイズもイン・シンクもデビュー時は、ヨーロッパで人気があったがアメリカではまだだった。これをみると、日本のレコード会社の場合、セカンド・アルバムで人気度が分かっても、そこからプッシュし始めたとして、バックストリート・ボーイズではその後2作品、イン・シンクの場合は1作品しかない。バックストリート・ボーイズは4枚目のアルバム「ネヴァー・ゴーン」で失速し、イン・シンクの場合、4枚目は発売にならなかった。様々な理由があるのだろう。ボーイ・バンドの命は長くない。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";