アメリカン・アイドル・シーズン14が始まった

アメリカ時間の水曜日(1月7日)、音楽オーデション番組のアメリカン・アイドル・シーズン14がスタートした。18歳-49歳の視聴率は昨年に比べて34%もダウンした。しかしながら視聴者数は1120万人で、夜の時間帯では全局全番組のトップだった。

13年間続いたアメリカン・アイドルが今年から変わる事になった。シーズン14は週1日だけの放送になる。従来は毎週火曜日と水曜日の夜、週2回の放送だった。

シーズン1から13年間続いた大型スポンサーのコカコーラが降りる事になった。通信事業のAT&Tも1昨年でスポンサーを降りた。シーズン14では車メーカーのフォードが再びスポンサーにつく事になった。スポンサーの変化は、視聴者の年齢変化と密接な関係があるようだ。若い世代は以前に比べてこの番組を観ない。年齢層が上がっている。

審査員の変更は無いが、審査員からシーズン13で助言者になったランディ・ジャクソンは降板、新たに助言者としてテイラー・スウィフトが所属するビッグ・マシーン・レコードのスコット・ボーチェッタ会長が参加する事になった。

番組の初回の視聴率が最も良かったのはシーズン6で、3744万人が観た。今回の初回はその3分の1にも満たない。審査員だったサイモン・コーウェルの力が偉大だったという事なのかもしれない。




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR