ユニバーサルミュージック買収の噂

新聞ニューヨーク・ポストが8日、ユニバーサルミュージックの買収・売却話を報じた。親会社であるフランスのメディア最大手ヴィベンディから音楽部門を、アメリカのメディア大手のリバティ・メディアが買収するという話だ。

ヴィベンディは水道事業から始まり、通信事業の買収売却を繰り返し、今では中核にフランスの有料TV会社キャナル・プリュスやユニバーサルミュージックを持つ。以前はユニバーサル映画も所有していた。

一昨年(2013年)、日本のソフトバンクがユニバーサルミュージックを8500億円(当時の円ドル換算)で買収するという話があった。業界関係者が推定した金額を2000億円も超えていて、笑われた。

アメリカのリバティ・メディアはケーブルTVの最大手。オーナーのジョン・マローンは伝説的なケーブルTVマン。今では投資家としても有名。傘下には衛星ラジオのシリウスや、興行最大手ライブ・ネイションの大株主でもある。

対して、仏ヴィベンディに2014年、ものいう株主として、8.3%の株を持つヴァンサン・ボロレが社長についた。2012年に電通がイギリスの大手広告代理店イージスを4000億円で買収した際、ヴァンサン・ボロレはイージスの筆頭株主で、多額の売却益を得た事で有名になった。

今回の買収・売却話は結局ヴィベンディが断ったそうだが、ジョン・マローンとヴァンサン・ボロレの事なので、単なる噂話レベルではなかったという事なのだろう。ちなみにニューヨーク・ポスト紙が強調したのは、ジョン・マローンのリバティ・メディアが、ユニバーサルミュージックの音楽ストリーミング・ビジネスに興味を持ったからだそうだ。ケーブルTVのインフラ網や衛星ラジオをやっていれば自ずと分かる事なのだろう。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR