アメリカ・レコード協会が発表した2014年のレコード売り上げ

アメリカ・レコード協会が18日(水曜日)、2014年のアメリカ・レコード業界の売り上げを発表した。売り上げの内訳は当ブログで何度か、2014年上半期のデータを紹介した。今回のデータは2014年1年間の通期だ。


全米レコード協会2014全売り上げ

上の表のように、デジタル・ダウンロード(Digital Downloads)売り上げが37%、実物のCD等(Physical)が32%、ストリーミング売り上げが27%。残りの3%のシンクロはレコードがTVやコマーシャルで使われたもので、1%は携帯電話向けの着信を伝える着うた。ちなみにストリーミング売り上げは、パンドラ他のインターネット・ラジオやシリウスの衛星ラジオからの音源使用料が大きく寄与している。


A:2014年の総売上は業界全体で約8400億円(1$120円換算)で、
  対前年比(2013年に比べ)で僅かに0.47%のダウン。トータルの売り上げ減は収まったようだ。

B:デジタル・ダウンロード売り上げは3168億円で、対前年比で9.5%ダウンした。

C:実物(CD等)の売り上げは2724億円で、対前年比で7.1%のダウン。

D:音楽ストリーミング売り上げは2244億円で、対前年比で29%もアップした。


以下のグラフは、時系列で見た、ダウンロード売り上げ(赤色)とストリーミング売り上げ(青色)の推移だ。テイラー・スウィフトじゃないが、有料に加え、広告収入(無料)でもまかなわれているスポティファイ等の定額制音楽ストリーミング・サービスの影響はあるのだろう。ダウンロード売り上げは2012年をピークに減衰を始めている。このまま行くと、あと1~2年で逆転しそうだ。果たしてアップルが、アーティストが望む定額制のストリーミング・サービスとiTunesのセールス・ダウンを止める併用の秘策を近いうちに発表出来るだろうか。

全米レコード協会20sアービス4ストリーミング


ところで、アーティストと音楽ファンが熱狂するデータ。2014年の30cmLP(アナログ)の売り上げは378億円となり、対前年比で49%という大ジャンプ・アップになった。ジョン・ボン・ジョヴィの言ってたことは間違っていなかった。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR