各国でのレコードの発売日が7月10日から、毎週金曜日に決定した

IFPI.jpg

イギリスの音楽業界誌ミュージック・ウィークが先週の金曜日(3月27日)、予定通り、IFPI(国際レコード産業連盟)が全世界でのレコードの発売日を毎週金曜日に統一し、今年(2015年)7月10日(金曜日)発売から実施すると伝えた。IFPIは世界66ヶ国1400団体が加盟するレコード業界の主要な機関。日本からは日本レコード協会が加盟している。

世界各国でまちまちなレコード発売日。米国は火曜日、イギリスは月曜日、日本は水曜日、オーストラリアは前の週の金曜日。発売日の違いにより発生する、違法行為による不法音源に対抗するため、IFPIを中心に、世界各国で異なるレコードの発売日を統一(グローバル・・リリース・デイ)しようとする計画があった。そして関係者から意見を聴取し、消費者の実体を踏まえ、金曜日発売に決めたという。金曜日発売になると、世界各国で物流のやり方を変えなくてはならない。

大きな問題は売り上げチャートだ。アメリカではニールセン・ミュージック(サウンドスキャン)が、イギリスではオフィシャル・チャーツ・カンパニーが売り上げデータをまとめている。アメリカの例で言うと、ニールセンは月曜日から日曜日の深夜までの売り上げデータを集計する。その後このデータを基に、ビルボードはチャートを作成する。新しい集計期間をどうするかは、ニールセンもビルボードも現時点で未だ発表していない。

インディーズのレコード会社をまとめている団体は反対していた。大手レコード会社のスーパースターが、全世界で同時に1位になる可能性が大きい。iTunesでそうだったように、世界各国で1位だと大声で宣伝をする。いずれにせよ欧米のレコード各社は、発売日の世界統一が世界中のメディアで大きな話題になる。そんな時には自社アーティストで1位を取りたい。

特にランキングが好きな日本はそうしたいが、残念ながら日本のレコードは日本でしか売れない。

日本がどうなるのか、日本レコード協会はまだ発表していない。従来は水曜日発売といいながら、レコード店は商品が着く火曜日の午後には店頭に商品を並べた。そのやり方を踏襲すると、日本では木曜日の午後には消費者が商品を手にする事が出来る。このやり方が世界的に通用するかどうか、レコード協会の見解を聞かなければ分からない。

大国アメリカでのレコード会社の対応は、チャートを中心にビルボード誌が近日中に伝えてくれるものと思われる。


.
プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR