グレイトフル・デッドの50周年記念ライブ

グレイトフル
写真はビルボード誌より


グレイトフル・デッドが結成50周年を記念して、7月3日、4日、5日の3日間再結成し、シカゴのソルジャー・フィールドでコンサートを行っている。リーダーのジェリー・ガルシアが亡くなって(1995年8月9日)、グループは活動を停止し解散した。ガルシアが亡くなってから20年が経つ。

グループは1965年、ベトナム戦争の反対運動で、ヒッピーによる派兵への反対を旗頭にしたフラワー・ムーブメントが巻き起こるサンフランシスコで結成された。正確には現在IT産業で栄えるシリコンバレーの北のパロ・アルトだ。サウンドはロックやフォークやジャズやカントリーが混じるもので、即興演奏を得意とし、サイケデリック・サウンドと呼ばれた。1967年、アルバム「ザ・グレイトフル・デッド」でデビューする。

当時からすると彼等の活動はあまりにも異質で、シングルをヒットさせるわけでもなく、アルバムは余り売れず、しかしコンサートはいつも満員だった。そして最も奇異なのは、観客にカセットで演奏を録音する事を認めた事だ。観客は他のデッドのコンサートを録音した友達とテープ交換をする。デッドの場合即興演奏(アドリブ)が長いので、コンサートが異なれば演奏も異なる。そしてファンは意見交換しながらますますデッドにのめり込む。デッドとしてはコンサート・チケットが主な収入源だ。音楽業界用語で言えば、グレイトフル・デッドは「ファン・ベース」のやり方。ファンを大事にして大きくなっていく。ファンは「デッドヘッド」と呼ばれた。

3日間の再結成コンサートにはオリジナル・メンバーの
ボブ・ウェア(ギター、ボーカル)
フィル・レッシュ(ベース、ボーカル)
ミッキー・ハート(ドラムス)
ビル・クルーツマン(ドラムス)に加え、
バンド「フィッシュ」からトレイ・アナスタシオ(ギター)、ジェフ・キメンティ(キーボード)とブルース・ホーンズビー(ピアノ)が参加している。

シカゴのソルジャー・フィールドはアメフト用の会場。音楽業界誌ビルボードによると7月3日の観客数は70,764人で、U2が2009年にこの会場で作った記録、67,936人を上回ったという。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR