ドクター・ドレーとルーク・ブライアンの激突

アメリカで先週の金曜日(8月7日)、対照的な2枚のアルバムが発売された。50歳のラッパー、ドクター・ドレーの約16年振りのアルバム「コンプトン」と39歳のカントリー・シンガー、ルーク・ブライアンの「Kill The Lights」だ。若者に受けるラップは年長者や女性には受けない。カントリー・ミュージックは若者には受けないが女性には受ける。ビルボード・アルバム・チャートの1位獲得を狙って激突している。


ドクター・ドレー


ルーク・ブライアン


発売初週のセールスが大きく、そして拮抗している。ラジオ業界誌ヒッツや音楽業界誌ビルボードが予測した。ヒッツ誌の予測は以下だ。

ルーク・ブライアン「Kill The Lights」 実売枚数:315,000枚~325,000枚 
                      見なし売り上げ枚数:335,000枚~340,000枚

ドクター・ドレー「コンプトン」 実売枚数:290,000枚~300,000枚
                 見なし売り上げ枚数:320,000枚~330、000枚

ビルボード誌はストリーミング回数も加味した見なし売り上げでチャートを作る事にした。2枚のアルバムの背景は違う。ドクター・ドレーのアルバムにはエミネム他のラッパーが集結している。加えて今週末に北米で公開されるラップ映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」と連動している。それに加え、ドクター・ドレーはアップル・ミュージックの母体となるビーツ・ミュージックの創業者だ。アルバム「コンプトン」は実物のCDを当面発売しない。有料ダウンロードはiTunesストアーで独占。定額制音楽ストリーミング・サービスはアップル・ミュージックの独占だ。スポティファイには提供しない。

これに対してルーク・ブライアンはいたって普通。ルークのファンは車やトラックでCDやラジオを聴く。定額制音楽ストリーミング・サービスにはあまりなじまない。レコードの宣伝方法もいたって簡単。カントリー・ミュージックをかけるラジオ局でかけてもらうだけだ。ヒット曲をかけるTOP40局とは無縁。既にシングル「Kick The Dust Up」がカントリー・ラジオ局のエアプレイ・チャートで1位になった(メディアベース調べ)。

ラップとカントリーという対照的なアルバム。結果は来週火曜日に出る。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR