xファクター、低調なスタート

エックスファクター
写真は番組を放送しているITVより 右端がサイモン・コーウェル


ワン・ダイレクション他を生んだイギリスの代表的なオーデション番組、Xファクターのシーズン12が先週の土曜日(8月29日)にスタートした。低調なスタートをイギリスのメディアが伝えている。

それによると、今年(2015年)の初回の平均視聴者数は711万人で、昨年の903万人に比べて21%もダウンした。番組は2004年に始まった。レオナ・ルイスやワン・ダイレクションやリトル・ミックスといったスターを生んだ。番組のプロデューサーは後にアメリカン・アイドルの審査員にもなったサイモン・コーウェル。ワン・ダイレクションが所属するサイコ・ミュージックの会長でもある。アメリカ版Xファクターの審査員をやっていたが、番組の視聴率が低迷し、番組は2013年で打ち切られ、昨年(2014年)イギリスのXファクターの審査員に帰ってきた。

2015年、司会を務めてきたダーモット・オリアリーが 降板し、司会はキャロライン・フラックと番組出身アーティストのオリー・マーズの二人体制になった。低調な視聴率を今後サイモン・コーウェルがどう立て直すのか。それにしてもアメリカで高視聴率を誇ったアメリカン・アイドルが来年で打ち切りになる。オーデション番組が曲がり角に来ているのかもしれない。




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR