ラナ・デル・レイのアルバム初登場1位が消滅した

先週金曜日に発売されたラナ・デル・レイの4枚目のアルバム「ハネムーン」。音楽業界関係者は、ラナにとって初のビルボード・アルバム・チャートの1位獲得アルバムだと見ていた。

ところが日曜日の夜、ラッパーのドレイクと、同じくラッパーのフューチャーが突然ミックステープ(コラボレーション・アルバム)「What A Time To Be Alive」を事前の告知が全くないまま緊急発売した。ラジオ業界誌ヒッツは当初、ラナ・デル・レイの「ハネムーン」を、ストリーミングを加えた見なし枚数を115,000枚~120,000枚とみて、初登場1位になると予想していた。

しかしドレイクとフューチャーのコラボ・アルバムは強力で、有料ダウンロードはiTunesストアーが独占、定額制音楽ストリーミング・サービスではアップル・ミュージックに提供したが、スポティファイには提供しなかった(1週間後にはスポティファイにも提供される)。見なし売り上げ枚数は40万枚を超えると業界誌ヒッツは予想している。そうなればラナ・デル・レイに全く勝ち目はない。

ラナ・デル・レイは3年前、NBCテレビの人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演し、その歌唱が酷評された。しかしイギリスやヨーロッパでの人気は高く、セールスも好調で、次第に評価が回復した。

最新のビルボード・アルバム・チャートは来週の月曜日に発表される。


「What A Time To Be Alive」
ドレイクフューチャー


ハネムーンハネムーン
ラナ・デル・レイ

ユニバーサル ミュージック 2015-09-24
売り上げランキング : 1102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR