ソニー/ATV音楽出版のシナリオ

先週、アメリカの経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルが、ソニーは所有する音楽出版社ソニー/ATVを売りに出す計画を進めていると記事にした。ソニー/ATVはビートルズの楽曲やテイラー・スウィフトやレディー・ガガ他200万もの楽曲を管理している。ビートルズの楽曲を管理するATV音楽出版をマイケル・ジャクソンが買ったが、金がなくなり1995年、ソニーと合弁会社ソニー/ATVを設立した。業界関係者は2400億円の価値があるとみる(1$120円換算)。

ソニー 50%
マイケル・ジャクソン資産管理団体 50%

合弁会社なので、契約書に「バイ・セル」条項がある。何かの都合で合弁を解消したい場合。例えばソニーがマイケル・ジャクソンが保有する株式の買い取りを請求する。マイケル・ジャクソン側が応じなければ、ソニーが保有する株式をマイケル・ジャクソン側に買い取らせる請求が出来る。ソニーがマイケル・ジャクソンに低い金額での請求だと、マイケル・ジャクソンはその低い金額でソニーから買い取ることが出来る。通常この条項は、適正な金額に誘導されるメカニズムが働くとみられている。

ラジオ業界誌ヒッツは昨日、憶測を記事にした。それによると、ソニーが資金を調達したとして、マイケル・ジャクソン側から買った後、公開で市場に売りに出す。業界関係者が2400億円と見立てたら、プラス・アルファの値が付く。何せ音楽出版の大手はソニーが持つソニー/ATVとEMI音楽出版と、ユニバーサルが持つユニバーサルミュージック出版グループと、ワーナーミュージックが持つワーナー/チャペル音楽出版の4社しかない。ソニーが売ると言ったらワーナーミュージックが手を上げるかもしれない。いずれにせよそうなった場合、ソニーに1200プラス億円の金が入る事になる。今のソニーにとっては大金だ。

エンタテインメント部門を統括するマイケル・リントン最高経営責任者が、ウォール・ストリート・ジャーナルの記事に動揺しないよう、ソニー/ATVの社員にメールを送った。それに続き、ソニー/ATV会長兼最高経営責任者のマーティー・バンディアーも社員にメモを送った。両者に共通するのは、「どちらがオーナーになろうともソニー/ATVは音楽出版界のリーダー」だ。マイケル・ジャクソン資産管理団体がオーナーになっても動揺せず、仕事に励んでほしいという事かもしれない。




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR