TVドラマ「Empire 成功の代償」の訴訟騒ぎ

エンパイア2


アメリカで今年(2015年)公開されたTVドラマで最も高い視聴率を獲得した「Empire 成功の代償」。ロン・ニュートという音楽プロデューサーが、企画・製作・監督のリー・ダニエルズや主演のテレンス・ハワード他を相手取り、訴訟を起こした。ギャングで麻薬の売人だったロン・ニュート自身のドキュメンタリー映画「ビガー・ザン・ビッグ( Bigger than Big)」に、「Empire 成功の代償」が酷似しているという理由だ。

主演のテレンス・ハワードとは過去に3時間以上も話した事があり、自身の映画の説明をしたともいう。似ている部分は、ドラマで4人の麻薬の売人が殺されたシーン。ドキュメンタリー映画でも4人の麻薬の売人が殺される事。主人公のルシウスが友人を射殺するシーン。また元妻クッキーが麻薬で刑務所送りになる部分他だという。結果、ロン・ニュートはFOXテレビに対して、損害賠償金として、1200億円(1$120円換算)を要求した。この4月の事だ。

この訴訟騒ぎについて映画業界誌ハリウッド・レポーターは16日(金曜日)、「FOXテレビは12億円を払ってこの話は終わりにする」と記事にした。 

ロン・ニュートは以前にも騒ぎを起こした事がある。1981年のジャクソンズのトライアンフ・ツアーの未公開リハーサル映像を持っている。これはマイケル・ジャクソンから自分の息子に貰ったものだと主張。オークションに出すつもりだと言っていた。またマイケル・ジャクソンとレコード会社の契約をまとめたとも言っていた。どうも一筋縄ではいかない人物のようだ。今回のFOXの和解案。どう決着するかはまだわからない。

9月から始まった「Empire 成功の代償」のシーズン2。初回から4話まで、全て視聴者数は1200万人を超えている。秋のドラマのトップだ。




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR