ビーツ・ミュージックがサービスを終了

定額制音楽ストリーミング・サービスのビーツ・ミュージックが11月30日でサービスを終了すると会員に告知した。昨年(2014年)5月アップルに買収され、その後定額制音楽ストリーミング・サービスのアップル・ミュージックに吸収される形で幕を閉じる。

ビーツ・ミュージックはヘッドフォン・メーカーとしてスタート。ラッパーでプロデューサーのドクター·ドレーとインタースコープ・レコードのジミー・アイオヴィン会長が定額制音楽ストリーミング・サービスとしてビーツ・ミュージックを立ち上げ、半年もしないうちにアップルに売却した。

アップル・ミュージックの有料会員は650万人。今最も注目されるのは、アデルがニュー・アルバム「25」の音源をアップル・ミュージックに提供するかどうかだ。前作「21」は全世界で3400万枚、アメリカだけで1100万枚を売った。アデルは過去にスポティファイには音源を提供しなかった。タダで聴く無料会員が多数いるからだ。しかしアップル・ミュージックは全員が有料会員。アデルがどうするか。来週20日の発売。音楽業界人が固唾をのんで見守る。


2525
Adele

Columbia 2015-11-20
売り上げランキング : 624

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR