リアーナのニュー・アルバム

昨日(1月27日)、リアーナがニュー・アルバム「ANTI」からドレイクをフィーチャリングしたシングル「ワーク(Work)」を発売した。早速iTunesストアーのシングル・チャートで1位になった。

ラジオ業界誌ヒッツは、アルバム「ANTI」の発売日はまだ未定だが、そこには幾つかの要因があると見ている。1に、2月7日に行われるスーパーボウル。ハーフタイムショーでコールドプレイの演奏が決まっているが、コールドプレイがビヨンセかリアーナをゲストに迎えたがっているという噂がある。そうなれば今週中にでも発売しておきたい。2に、2月15日のグラミー賞に出演するかもしれない。そうするとアルバムの発売日は前週の金曜日の2月12日。しかしこの日はカニエ・ウェストの強力なニュー・アルバムの発売が控えている。

カリブ海のバルバドスから出てきたリアーナ。もうすぐ28歳(誕生日が2月20日)になる。ユニバーサルミュージックのデフジャム・レコードと契約し、2005年にアルバム「ミュージック・オブ・ザ・サン」でデビューした。今年で11年になる。「アンブレラ」他、数多くのヒット曲がある。しかしアルバムのセールスはかんばしくない。2012年に発売した7枚目のアルバム「アンアポロジェティック」でようやくビルボード・アルバム・チャートの1位になった。

2014年、デフジャムからジェイ・Zがオーナーのロック・ネイションに移籍した。心機一転のアルバム制作。アルバム発売日が未定のまま、昨年(2015年)の1月、ポール・マッカートニーとカニエ・ウェストとのコラボレーションで、シングル「FourFiveSeconds」を発売した。シングル・ヒットの女王なのに、ビルボード・シングル・チャートの最高位は4位だった。続くシングル「Bitch Better Have My Money」は最高位15位、その後に発売されたシングル「American Oxygen」は最高位78位で、ニュー・アルバム「ANTI」からのシングルと思われるものはほとんど不発に終わった。

昨年の3月にジェイ・Zは定額制音楽ストリーミング・サービスのタイダルを買収した。リアーナも株主だ。ジェイ・Zがこのアルバム「ANTI」をタイダル独占にしたかった。しかし今回シングル「ワーク」は最初にタイダルに提供されたが、すぐにアップル・ミュージックにも提供された。スポティファイにもシングル「ワーク」は提供されたが、有料会員の限定だった。奇妙な事に、これはレコード会社ロック・ネイションの意志ではなく、スポティファイが決めた事だという。

ビルボードのアルバム・チャートはストリーミングの回数も見なし売り上げとして加算する。リアーナのニュー・アルバム、今週の明日(1月29日)がベストだと思われるが。来週のアルバム・チャートはアデルの「25」が1位に返り咲く事が決定している。そうなればますます明日の発売日がベストと思われる。下手したら1位になれない。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR