テイラー・スウィフトやレディー・ガガやアデルがハシゴを外されるかもしれない

先週の金曜日(2月19日)、ニューヨーク州の最高裁判所は女性シンガーのケシャ(28歳)の訴えをしりぞけた。2年前の2014年、所属するレコード会社キモサベの社長でプロデューサーのドクター・ルーク(42歳)から性的虐待を受けたと訴えた。それを理由にレコード契約の解除を要求した。ドクター・ルークはケイティ・ペリーやアヴリル・ラヴィーンやマイリー・サイラスのプロデューサーである。

裁判所のレコーディング契約解除を認めなかった判決に対して、レディー・ガガやテイラー・スウィフトやアリアナ・グランデ等がツイッターで、「ケシャを解放しろ」と叫んだ。アデルはブリット・アワードの授章式で同様な発言をした。ほこさきはケシャを販売しているソニーミュージックに向かっている。ニューヨークのソニーミュージック前で解放のデモをやろうという動きもある。しかし映画業界誌ハリウッド・レポーターは、ケシャのファンやサポーターに、ソニーミュージックを攻撃するのはお門違いかもしれないと記事にしている。そもそもはこうだ。

2005年 ケシャはドクター・ルークの制作会社カシャ・マネーとレコーディング契約を結んだ。

2009年 カシャ・マネーはソニーミュージックの1部門RCA/ジャイブ・レコードと配給契約を結ぶ。カシャ・マネーがレコードを制作、RCA/ジャイブが宣伝と営業を担当する。

2010年 ファースト・アルバム「アニマル」が発売された。

2011年 RCA/ジャイブ・レコードの責任者が退社したので、親会社のソニーミュージックは、ケイティ・ペリーで大成功を収めていたドクター・ルークの為にキモサベ・レコードを作る。ドクター・ルークはケイティ・ペリー他のプロデュースも従来通り出来る。そしてカシャ・マネーはキモサベ・レコードから発売する事になる。しかし契約は依然としてカシャ・マネーとケシャが交わしたままだ。

2012年 セカンド・アルバム「ウォーリア」が発売された。

2014年 ケシャがドクター・ルークを強姦罪で訴える。そしてレコーディング契約を解除したいと。

2016年 ニューヨーク州の最高裁判所はケシャのレコーディング契約解除を認めなかった。

一貫しているのは、ケシャの契約会社はドクター・ルークの制作会社のカシャ・マネーで、キモサベ・レコードはソニーミュージックの100%子会社だが、ソニーミュージックはケシャと一回も契約した事が無い。ソニーミュージックの弁護士は、「契約に関して、私共は何かを言える立場ではありません」と新聞ニューヨーク・タイムズに答えた。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR