女性歌手の移り変わり

音楽業界誌ビルボードのアーカイブ・データ。女性シンガーでその年に最も売れたランキング。シングルとアルバムが合算されている。過去10年間のベスト5は以下だ。

2006年
1位) リアーナ
2位) メアリー・J. ブライジ
3位) ビヨンセ
4位) ケリー・クラークソン
5位) キャリー・アンダーウッド

2007年
1位) ファギー
2位) キャリー・アンダーウッド
3位) ビヨンセ
4位) アヴリル・ラヴィーン
5位) グウェン・ステファニー

2008年
1位) リアーナ
2位) アリシア・キーズ
3位) テイラー・スウィフト
4位) レオナ・ルイス
5位) マイリー・サイラス

2009年
1位) テイラー・スウィフト
2位) ビヨンセ
3位) レディー・ガガ
4位) マイリー・サイラス
5位) ブリトニー・スピアーズ

2010年
1位) レディー・ガガ
2位) テイラー・スウィフト
3位) ケシャ
4位) リアーナ
5位) ケイティ・ペリー

2011年
1位) アデル
2位) リアーナ
3位) ケイティ・ペリー
4位) レディー・ガガ
5位) ニッキ・ミナージュ

2012年
1位) アデル
2位) リアーナ
3位) テイラー・スウィフト
4位) ニッキ・ミナージュ
5位) ケイティ・ペリー

2013年
1位) テイラー・スウィフト
2位) リアーナ
3位) ピンク
4位) マイリー・サイラス
5位) ケイティ・ペリー

2014年
1位) ケイティ・ペリー
2位) ビヨンセ
3位) テイラー・スウィフト
4位) イギー・アゼリア
5位) アリアナ・グランデ

2015年
1位) テイラー・スウィフト
2位) メーガン・トレイナー
3位) ニッキ・ミナージュ
4位) アリアナ・グランデ
5位) セレーナ・ゴメス


アルバムが発売されていないと、当然上位に入れない。マドンナは論外だが、レコード売り上げからみると、マライア・キャリーやセリーヌ・ディオンは過去の人。若手で元気があったブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラやアヴリル・ラヴィーンも最近はランク外。ケリー・クラークソンやキャリー・アンダーウッドはアメリカン・アイドルのお陰。レディー・ガガは2011年を最後にベスト5にはランクされていない。

強いのはテイラー・スウィフトとビヨンセとリアーナ。リアーナはシングルが強い。しかしリアーナは今回のアルバム「アンチ」が失速した。アデルはアルバム発売の間隔が空くので、無い年はランクに入らない。若手で力があるのはケイティ・ペリー。そして昨年(2015年)、メーガン・トレイナーが2位に入った。アデルの「25」は集計期間外だったので入らなかった。

今年(2016年)のベスト5は、アデルが1位でメーガン・トレイナーが2位だろう。ともかくメーガンは勢いがある。セカンド・アルバムは5月の発売だが、シングル「NO」は先週金曜日に発売された。既にiTunesストアーのシングル・チャートで1位になった。この曲なんですかチャートのシャザム(3月7日付)に14位で初登場した。ラジオ局でのかかり方も異常だ。レコード会社の宣伝部にとっては難攻不落のロサンゼルスのKIIS-FMで、1週間に47回かかって、ベスト10に初登場した。こんな事は普通ありえない。マネージャーは元レディー・ガガのトロイ・カーター。メーガン・トレイナーは間違いなく今年のメガ・アーティストになるだろう。ソニーミュージックOBの筆者として思う。ぽちゃカワ歌姫なんていう形容はやめたほうがいい。素人に笑われる。




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR