タイダル vs 業界誌ヒッツ

定額制
表作成は業界サイトmusicbusinessworldwide 全世界での有料会員数

今週、定額制音楽ストリーミング・サービスのタイダルが、有料会員が300万を超えたと発表した。ラッパーのジェイ・Zがタイダルを買収してから1年。タイダルの会員は250万も増えた事になる。上の表は有料会員数。スポティファイは無料会員を含めると7000万だと発表している。

カニエ・ウエストは非売のアルバム「The Life of Pablo」はタイダルへの独占で、スポティファイ他のストリーミングには音源を提供していない。そしてカニエが、公開から10日間で2億5千万のストリーミングによる聴取と発表した。これにジェイ・Zが嫌いなラジオ業界誌ヒッツが噛みついた。

カニエ・ウエスト・タイダル

ヒッツ誌はカニエが言うとおりなら、会員は公開から毎日10日間、1日に8回聴かなければその数字にならないと皮肉った。いくらタイダル独占とは言え数字に無理がある。

当ブログの筆者も無理があると思うのは、タイダル側は全世界で会員が300万を越えたと言うが、ラップ・ミュージックはアメリカを除くと極端に弱い。そう考えれば、1日に10数回以上聴かなければその数字にならない。タイダルはストリーミング数のデータを実売調査会社ニールセン・ミュージック(旧サウンドスキャン社)に提供していないので、誰にも分からない。タイダルの会員数とカニエの数字。サムスン他にタイダルを好条件で売却する為かもしれない。




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";