ストリーミングで1位という奇妙な時代

カニエ・ウエスト7枚目


カニエ・ウエストのアルバムが、ビルボード・アルバム・チャートでの1位が確定した。

カニエ・ウエストは2月に3年振りのニュー・アルバム「The Life of Pablo」を発表した。しかし実物のCDは販売せず、有料のダウンロード販売は自身のサイトと定額制音楽ストリーミング・サービスのタイダルでのみ行い、iTunesやアマゾンでは販売していない。また定額制音楽ストリーミング・サービスではスポティファイやアップル・ミュージックには音源を提供せず、ジェイ・Zのタイダルの独占とした。自身もタイダルの株主だ。

しかし不振を極めたのか、4月1日、突然アルバム「The Life of Pablo」の音源がスポティファイやアップル・ミュージック他に提供された。その結果、今週発表になるビルボード・アルバム・チャートの1位が確定した。同一のアルバムからストリーミングで1500回、曲の音源が聴取されたらアルバム1枚の売り上げにみなすというビルボード誌の規定を満たしての1位。実物のCDが販売されていない、iTunesストアー他の有料ダウンロードも無く、ほぼストリーミングで獲得した極めて奇妙な1位となる。

ビルボード誌によると、前作「イーザス」の売り上げで、実物のCDは42%を占めた。しかし今回カニエが取った作戦は、時代はストリーミングだという事で、それもタイダルへの独占にした。大失敗だった。

ビルボード誌のチャート作成データは実売調査会社ニールセン・ミュージック(旧サウンドスキャン)から提供されている。タイダルはニールセン・ミュージックにデータを提供していないのでビルボード誌のチャートには加算されない。しかしカニエが自身のサイトで売った有料ダウンロード売り上げを、ニールセン経由でビルボード誌は受け入れるようだ。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR