ビヨンセのやり方

日本のレコード業界には全く参考にならないビヨンセのやりかた。業界誌のビルボードやヒッツが伝えた。

6枚目にあたる最新アルバム「レモネード(Lemonade)」は4月24日に発表された。音源は定額制音楽ストリーミング・サービスのタイダルに独占で提供された。同様のスポティファイやアップル・ミュージックには永遠に音源を提供しないという話がある。タイダルはビヨンセの夫ジェイ・Zが所有している。

有料のアルバム・ダウンロードはタイダル独占で始まった。17.99ドルもする。タイダルの独占は約1日で、今後iTunesストアーやアマゾンでダウンロードする事が出来るという。

実物のCD発売は決まっていない。今週の金曜日(4月29日)という説がある。

27日からワールド・ツアーが始まる。マドンナ同様、レコードは売れないがツアーで稼ぐのがビヨンセの音楽事業の柱か。

案の定、The Pirate Bay他でおびただしい違法のアルバム・ダウンロードが始まった。

ビヨンセのこのアルバム、日本のソニーミュージックがどう対応するか、非常に興味深い。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR