レディオヘッドの新展開

5年振りのニュー・アルバムが予定されているロック・バンドのレディオヘッド。新曲「Burn The Witch」の音楽ビデオが発表された.欧米の音楽メディアが伝えている。

不可解な出来事が起きている。このビデオはレディオヘッドが嫌ったYouTubeにアップされ、バンドのフロントマンであるトム・ヨークが、「死に損ないの絶望的な奴ら」と批判し、アルバムの音源を提供していなかった定額制音楽ストリーミング・サービスのスポティファイに提供される。またアップル・ミュージックやタイダルといったストリーミング・サービスにも提供される。

しかしこれは所属するインディーズ最大手のXLレコーディングスの戦略かもしれない。レディオヘッドは過去にEMIミュージック傘下のパーロフォンからアルバムを発売していた。最近XLレコーディングスはこのカタログをパーロフォンから取得した。レディオヘッドのアルバムは全てXLレコーディングスにある。

XLレコーディングスにはアデルの大成功例がある。YouTubeにシングル「ハロー」のビデオを提供した。2週間で視聴が2億回を越えた。スポティファイにも「ハロー」の音源を提供した。しかしアルバムは提供しない。有料でも無料でも、世界中のスポティファイ会員はアデルやレディオヘッドのシングルは聴取出来る。しかし気に入ったらアルバムはiTunesやアマゾンで買うしかない。このやり方でアデルはアメリカだけで、発売から4ヶ月で910万枚を売った。

レディオヘッドは5月20日のオランダ・アムステルダムからワールド・ツアーがスタートする。「Burn The Witch」を収録したアルバムは6月に発売される可能性が大になった。

「Burn The Witch」の公式ビデオ





プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR