2015年のミュージシャン収入ベスト10

音楽業界誌ビルボードが、2015年のミュージシャンによる収入ランキングを発表した。例えば1位のテイラー・スウィフトの場合、総収入は80.9億円($73.5M)で、レコードの収入が7.9億円($7.2M)、ストリーミングによる収入が0.6億円($564.0K)、曲を書いた音楽著作権料が4.5億円($4.1M)、コンサートによるツアー収入が68億円($61.7M)で、前年のランクは15位だった。ベスト40の内、上位10位が以下だ。1$は110円で換算した。図表の作成はビルボード誌。


テイラー・スウィフト2015


2位はカントリー・シンガーのケニー・チェズニー(48歳)。アリーナ級のコンサートで稼ぐ。
ケニー・チェズニー2015


3位はローリング・ストーンズ。レコード売り上げは1.5億円しかない。4人で分けたら4000万円だ。
ローリング・ストーンズ2015


4位はビリー・ジョエル。コンサート収入が大きい。
ビリー・ジョエル2015


5位はワン・ダイレクションで26.6億円。去年は1位だった。
ワン・ダイレクション2015


6位はグレートフル・デッド。再結成で稼いだ。
グレートフル・デッド2015


7位はルーク・ブライアン。39歳のカントリー・シンガー。今最もレコードを売るアーティスト。
ルーク・ブライアン2015


8位はU2。コンサートの収入が大きい。
U2の2015


9位はアデル。コンサートはやっていなかったので収入はゼロ。アルバム「25」がメガ・ヒットになり、18億円の収入があった。今年はツアーがあるので、来年発表されるランキングで、テイラー・スウィフトを抜いて1位になる。
アデル2015


10位はマルーン5。レコード・セールスも音楽著作権料もコンサートもバランスが取れている。
マルーン5の2015



ストリーミングにはスポティファイやアップル・ミュージックといった定額制音楽ストリーミング・サービスや、パンドラといったインターネット・ラジオ、シリウスといった衛星ラジオからの収入が含まれる。

ちなみに、常に話題になるレディー・ガガは40位にも入らなかった。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR