モハメド・アリとアントニオ猪木とスリー・ディグリーズ

当ブログの筆者にもモハメド・アリとアントニオ猪木戦には思い出話がある。

モハメド・アリとアントニオ猪木の「格闘技世界一決定戦」は1976年6月26日、武道館で行われた。試合前にスリー・ディグリーズがアメリカ国歌を斉唱した。当時筆者はスリー・ディグリーズの担当ディレクターだった。

スリー・ディグリーズはアメリカの黒人女性ボーカルグループ。メンバーはフェイエット・ピンクニー、シェイラ・ファーガソン、ヴァレリー・ホリデイの3人で、「荒野のならず者」や「天使のささやき」が大ヒットした。

どうして国歌を斉唱する事になったのか。ケン田島というパーソナリティーがいたからだ。当時FM東京をキー・ステーションに、「富士フイルム ミュージック・スコープ」という番組が放送されていた。スポンサーは富士フィルムで、使用するレコードは全てCBSソニー(現ソニーミュージック)だった。ケン田島はこの番組のナレーターだった。筆者はこの番組の、レコード会社の担当者だった。

ケン田島は当然スリー・ディグリーズは知っていた。そして新日本プロレスからモハメド・アリの通訳を頼まれた。ラジオのDJやパーソナリティーは副業で通訳が本業だった。スリー・ディグリーズはケン田島の指名だったのだろう。結果、国歌を斉唱する事になった。


国歌斉唱の貴重な映像がある。






プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";