アメリカのレコード売り上げ

レコードの実売調査会社ニールセン・ミュージック(旧サウンドスキャン)による、ここ5年間のアメリカの上半期のアルバム売り上げ。音楽業界専門サイトのミュージック・ビジネス・ワールドワイドがグラフ化した。単位は100万枚。

アメリカの上半期1

実物のCDとデジタル・ダウンロードによるアルバム売り上げの推移。青がCDで、紫がデジタル・ダウンロード。2016年上半期のCD売り上げは2012年に比べ、45.1%もダウンした。デジタル・ダウンロードは2012年に比べ23.4%のダウンだった。CDの落ち込みが大きい。下のグラフはデジタル・ダウンロード売り上げで、個別の曲の購入とアルバムの購入を比較したもの。


アメリカの上半期2

2012年に比べ2016年は、アルバム(紫色)は23.4%のダウンだが、個別の曲(青色)の購入は42.1%もダウンした。明らかに定額制音楽ストリーミング・サービスの影響を受けていると思われる。1曲だけ聴くのならスポティファイやアップル・ミュージックでいいや、という事なのだろうか。

いずれにせよ、実物のCDは小売店からの返品があるが、ダウンロードもストリーミングも返品が無い。これはレコード会社にとってとても大きなメリットである。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR