アニメ動画「ビートバグズ」とビートルズ

ビートバグズ


来週の8月3日から、動画配信サービスのネットフリックスによるオリジナル・アニメ動画「ビートバグズ」がスタートする。5匹の虫たちが繰り広げる冒険物語。音楽は全てビートルズの楽曲を使用する。ピンクが「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」を、ルミニアーズが「ハニー・パイ」を、シーアが「ブラックバード」を、ザ・シンズが「愛のことば」を、ロビー・ウィリアムスが「グッド・デイ・サンシャイン」をカバーする。

8月3日からスタートするシーズン1では27曲のビートルズの楽曲をカバーし、11月から始まるシーズン2では26曲をカバーする。日本と違ってアメリカの場合、テレビであれ映画であれネット配信であれ、映像に既存の楽曲を使用する場合、作詞作曲家に許諾を求め、使用料を払わなければならない。映像と曲を同期したという音楽出版業界で言う「シンクロ」だ。許諾料は「指し値」なので、映像制作者と作詞作曲家とで金額が話し合われる。TV番組「グリー」が大変だったのは毎回高校生が歌う曲を作詞作曲家から許諾を取り付けること。作家によっては番組が嫌いだとか許諾料が安すぎるとして断られる場合も多々あった。

「ビートバグズ」の製作・監督のジョシュ・ウェイクリーはオーストラリアの出身。映画業界ではほぼ無名。ビートルズの楽曲にインスパイアーされたアニメ動画を作りたい。経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ビートルズの楽曲を管理するソニー/ATV会長のマーティー・バンディアーはロサンゼルスのペニンシュラ・ビバリーヒルズ・ホテルで35歳のこの無名なジョシュ・ウェイクリーとミーティングをしたという。結果、アニメを見る幼児や子供達がビートルズの名曲に触れる事が出来るとして、使用を許諾した。
許諾料(シンクロ・フィー)は11億円(1$110円換算)だった。

マイケル・ジャクソンが買って、今年(2016年)ソニーに売ったビートルズ(ポール・マッカートニーとジョン・レノン)の音楽出版社ノーザン・ソングスはこの先も富を生む。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR