カニエ・ウエストの迷提案

ストリーミング表
定額制音楽ストリーミング各社の有料会員数(2016年6月現在)。パンドラはインターネット・ラジオ。スポティファイが3000万でトップ。表はStatista社が作成した。


ラッパーのカニエ・ウエスト(39歳)が土曜日(7月30日)、自身のツイッターで「(定額制音楽ストリーミングの)アップル・ミュージックとタイダルの抗争は最低な音楽のゲーム」と非難した。そしてアップルのティム・クックやアップル・ミュージックのジミー・アイオヴィンは早急にタイダルのジェイ・Zと私と私のマネージャーのスクーター・ブラウンとでミーティングを持つべきだと提案した。子供達に音楽を取り戻すという事が主旨だそうだ。

CNNは、カニエの提案は、アップルが200億円程でジェイ・Zのタイダルを買収しろという事だと解説した。

カニエ・ウエストは大学時代にジェイ・Zに見出され、音楽業界に入った。よってジェイ・Zは恩人である。7枚目にあたる最新アルバム「The Life Of Pablo」はタイダルへ独占で提供し、アップル(iTunes)では絶対売らないとツィッターで発信した。実物のCDも発売しない。しかし舌の根も乾かないうちに、ストリーミングのスポティファイとアップル・ミュージックに音源を提供した。

経済新聞のウォール・ストリート・ジャーナルはアップルがタイダル買収の話し合いを始めたと報道した。アップルは音楽ストリーミングでスポティファイと激しい競争を続けており、タイダルを買収できればアップル・ミュージックを強化することができるという記事だ。しかしアップルは即否定した。

タイダルをめぐる様々な思惑がある。オーナーのジェイ・Zは大金で売り抜けたい。タイダルを買いたい企業がある。スマートフォンで世界1位のシェアを誇るサムスンだ。スマートフォン(ギャラクシー)向けに無料のインターネット・ラジオ型の音楽ストリーミング・サービス「ミルク・ミュージック(Milk Music)」をオーストラリアやニュージーランドで始めたが、上手くいっていない。ソフトバンクの米子会社スプリントもタイダル買収で噂になった。

カニエ・ウエストの提案は、サムスン他の企業よりもアップルに買って貰いたいという事なのだろうが、自分も含めてのミーティングという提案は、はなはだの勘違いだろう。因みにマネージャーのスクーター・ブラウンはジャスティン・ビーバーのマネージャーでもある。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";