20周年を迎えるトランス・シベリアン・オーケストラ

冬を迎える頃、アメリカでユニークなオーケストラがツアーを開始する。オーケストラといってもクラシックではない。60人もの演奏家と加えてコーラスによる、プログレとメタルのシンフォニー。ヘヴィメタル・バンド、サヴァタージのプロデューサーだったポール・オニールのアイデアで始まった。ポールはこれを「ロック・オペラ」と呼ぶ。

過去にポール・オニールは、エアロスミス、ハンブル・パイやスコーピオンズのマネージメントや制作にもかかわった事がある。20年前の1996年、トランス・シベリアン・オーケストラ(TSO)はデビュー・アルバム「Christmas Eve and Other Stories」を発売する。そして全米ツアーがスタートした。ステージは圧巻で、クレーン上でギターを弾き、バリライトが駆け巡り、炎が上がる。

今年(2016年)は11月17日のアイオワ州カウンシルブラフスから始まる。チケットは9月7日、ファン・クラブ向けに先行販売される。残念ながらトランス・シベリアン・オーケストラのCDは、1枚も日本で発売されていない。









プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR