75周年を迎える米キャピトル・レコード

キャピトル・レコード

キャピトル・レコードは1942年、ロサンゼルスで創業した。50年代にはフランク・シナトラやナット・キング・コールやディーン・マーティンのヒットで黄金期を迎える。イギリスのEMIは1955年、キャピトル・レコードを買収する。

EMIの子会社としてイギリスのアーティストの受け皿になるはずだったキャピトル・レコードには負の歴史がある。ビートルズだ。キャピトル・レコードはビートルズを全く評価しなかった。キャピトルの意見は単純で、イギリスのグループがアメリカでヒットした事がないという事だ。マネージャーのブライアン・エプスタインはEMIに噛みついたが、子会社のキャピトル・レコードは首を縦に振らなかった。結果シングル「プリーズ・プリーズ・ミー」と「フロム・ミー・トゥ・ユー」はインディーズのヴィージェイ・レコードから、「シー・ラヴズ・ユー」はこれまたインディーズのスワン・レコードから発売される事になる。キャピトル・レコードが重い腰を上げたのが「抱きしめたい」で、キャピトルの評価とは裏腹に、1964年の初頭、ビルボード・シングル・チャートで7週連続の1位となった。

60年代には2大B、イギリスのビートルズとアメリカのビーチ・ボーイズがキャピトル・レコードを支える事になる。


ロサンゼルスの観光名所にもなっている通称キャピトル・タワー
キャピトル・レコード・オフィス



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR