バリー・ギブのニュー・アルバム

最新のイギリス・アルバム・チャートでバリー・ギブ(70歳)のニュー・アルバム「イン・ザ・ナウ」が初登場2位になった。グリーン・デイの「レヴォリューション・レディオ」に勝てず、1位獲得はならなかった。

ビージーズのリーダーで長兄。双子の弟のモーリスとロビンは既に他界した。

1968年、「ニューヨーク炭鉱の悲劇」でデビューする。余談だが、村上春樹はこの曲が好きで「ニューヨーク炭鉱の悲劇」という短編を書き、「中国行きのスロウ・ボート」に収められる。

バリー・ギブはビージーズの殆どの曲を書いた。ピークは映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラック盤で、「ステイン・アライヴ」、「愛はきらめきの中に」、「恋のナイト・フィーバー」、「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」、「ジャイヴ・トーキン 」が大ヒットし、このアルバムは1979年のグラミー賞で「最優秀アルバム賞」を受賞した。

「イン・ザ・ナウ」は32年振りのソロ・ニュー・アルバムだという。息子のスティーヴンとアシュリーとバリーが全曲を書いた。

イギリス生まれのオーストラリア育ち。今はマイアミに住んでいる。マイアミが良いと助言したのはエリック・クラプトンだそうだ。


イン・ザ・ナウイン・ザ・ナウ
バリー・ギブ

SMJ 2016-10-11
売り上げランキング : 404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR