訃報:ミルトン・オクーン(音楽プロデューサー)

音楽業界誌ビルボードが、音楽プロデューサーのミルトン・オクーンが15日に他界した、92歳だったと伝えた。

ジョン・デンバーを育てた名プロデューサーだった。初期の最大のヒット曲は1971年に発表した「故郷に帰りたい」。ビルボード・シングル・チャートの最高位2位になった。

しかしジョン・デンバーはそれ以前に作詞作曲家として評価が高かった。1966年に自主制作のアルバムを発表し、その中の「悲しみのジェット・プレーン」をフォーク・トリオのピーター・ポール&マリーが取り上げ、67年発表のアルバムに収録した。しかしヒットしたのはシングルとして発売された2年後の1969年だった。このシングルのプロデューサーはミルトン・オクーン。ピーター・ポール&マリー最大のヒット曲となり、ビルボード・シングル・チャートの1位になった。曲を見つけたのがアルバート・グロスマンで、ジョン・デンバーの曲なので、ミルトン・オクーンにプロデュースを頼んだ。

ピーター・ポール&マリーの秘話がある。ボブ・ディランが自伝で書いている。アルバート・グロスマンはピーター・ポール&マリーのマネージャーで、のちにディランのマネージャーになる。

「グロスマンはフォークのスーパーグループをつくろうとしていて、ノエル・ストゥキーがその申し出を受けることになった。グロスマンはストゥキーに名をポールと変えさせ、ピーター・ポール・アンド・マリーというグループをつくりあげた。グロスマンがわたしをグループに誘っていたら、おもしろかっただろう。わたしの名前もポールに変わっていたかもしれない」

ミルトン・オクーンはジョン・デンバーのビルボード・シングル・チャート1位獲得の「太陽を背にうけて」、「緑の風のアニー」、「すばらしきカントリー・ボーイ」と「アイム・ソーリー」全てをプロデュースした。


ベスト・オブ・ジョン・デンバーベスト・オブ・ジョン・デンバー
ジョン・デンバー

BMG JAPAN 2002-10-02
売り上げランキング : 4859

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボブ・ディラン自伝ボブ・ディラン自伝
ボブ・ディラン 菅野 ヘッケル

SBクリエイティブ 2005-07-16
売り上げランキング : 33507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools







プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR