米経済誌フォーブスが発表したミュージシャンの稼ぎ高ベスト10 2016年版

アメリカの経済紙フォーブスが昨日(11月30日)、恒例のミュージシャンの年間稼ぎ高ベスト30を発表した。2015年6月から2016年5月末迄。レコード・セールス、音楽著作権料、コンサートの興行等で得た収入やCM料。業界誌のデータ、弁護士やマネージャー、コンサート・プロモーターやエージェントからの取材等で金額を推定した。1$110円で換算した。以下がベスト30中の上位10アーティスト。


1位) テイラー・スウィフト 187億円

2位) ワン・ダイレクション 121億円

3位) アデル 89億円

4位) マドンナ 84億円

5位) リアーナ 83億円

6位) ガース・ブルックス 77億円

7位) AC/DC 74億円

8位) ローリング・ストーンズ 73億円

9位) カルヴィン・ハリス 69億円

10位) ダディー 68億円


これらのアーティストに共通するのはコンサート・チケットの売り上げだ。テイラー・スウィフトは今最も観客動員を誇る女性アーティスト。世界中を駆け巡る。これにダイエット・コークやアップルの高額なCM料が加わる。2位のワン・ダイレクションは昨年も2位だった。3位のアデルが凄い。フォーブス誌が特記したように、ほぼアルバムからのアーティスト印税と著作権印税。ツアーの売上は3ヶ月分のみ。来年の集計では残りの6ヶ月分が加算される。来年の1位はほぼ確定だ。来週はグラミー賞のノミネーションの発表もある。

4位のマドンナはツアーに加え、化粧品や衣料品への名義貸しが大きい。5位のリアーナもツアーとサムスンやピューマのCM料。6位のガース・ブルックスはアメリカでしか受けないカントリー・ミュージックでこれだけ稼ぐ。昨年は3位だった。7位のAC/DCはひたすらツアーだ。ローリング・ストーンズもツアー。9位のカルヴィン・ハリスは昨年6位だった。DJはどうやってこれだけ稼げるのだろう。10位のダディーはディアジオ社のウオッカ・ブランド「シロック」のCMタイアップ料が大きいとフォーブス誌は指摘した。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR